読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリン君の日記

私が食べたり飲んだり見た色々な物事を適当に紹介する日記です。

間に合わなかった…

 この人の音楽を生で聴く機会が永遠に失われました。画像は、Wikipediaにあるものと一緒みたい。
 指揮者、サー・コリン・ディヴィスさんが、4月14日になくなったとのことです。BBCからの記事がこちらです。ロンドン交響楽団からの記事も貼っておく
 私にとっても思い入れの深い指揮者の一人です。というのも、私にストラヴィンスキーを聴かせてくれた初めての指揮者ですから。この人が指揮する「春の祭典」(オケはコンセルトヘボウ)に出会わなければ、今もきっと「現代音楽」は聴けなかったんではないかと思います。また、ベルリオーズも好きにしてくれました。「幻想交響曲」がイマイチ苦手だったんですが、この人の演奏(オケはヴィーンフィル)に出会ったおかげで好きになれました。これらのような出会いがあったため、レコードショップなどで、この人の演奏を見つける度に、購入候補によく挙げていました。苦手な曲、知らなかった曲でも、「この人の指揮ならば」として、買ったものもあります。そして、毎回期待を裏切らない堅実な演奏を楽しんでいました。
 この人の指揮による演奏で私が特に好んだのは、先の「春の祭典」の他、ストラヴィンスキーのバレー三部作と、ベルリオーズのレクイエム。そういえば、レクイエムについては以前「衝動買いした」ことを記事にした覚えがある。大きなオーケストラ編成の曲も整然と鳴らす音楽が好きでした。
 今度実家に帰る機会があるので、レコード演奏を通じてもディヴィスさんを偲ぼうと思います。ご冥福をお祈り申し上げます。合掌。